主な登場人物(?)
るーしぇ▽・ω・▽:2ヶ月でうちに来ました。見た目と違って図太いです(´Д`;)
可愛いクリームのポメラニアン。

まりもん( ; ゚Д゚):執筆者。見た目と違って気が小さいのでいつもハラハラしてます(>_<)
猫を買いに行ってポメを買ってきました(*´д`;)

ねっきヽ(´ー`)ノ :まりもん( ; ゚Д゚)の旦那。見た目通りののん気な楽天家
実家にはヨーキーが2匹居るので犬の扱いには慣れてるが躾は初体験。

2006年08月11日

一週間

もうブログは更新しない・・・と決めていました。
恐らくここに書く事といえば、後悔の気持ちや悲しみの気持ちなんかの
後ろ向きな事ばかりになるだろうと思ったからです。
これ以上悲しい事をるーしぇとの想い出のある所に書き込むのは
嫌な気がしました。


4年前に祖母を亡くしましたが、旦那とその時の話になって旦那から見た
私は長い間立ち直れず、普通にしていても時折ぼーっとしていたり
突然情緒不安定気味に泣き出したりと、当時はまだ一緒に住んで
いなかったので、ホンマにこいつ大丈夫か?と思っていたと言われました。

他人から見てそんな状態だったのに、私自身その時のことを思い出そう
としても何故か全く思い出すことが出来ないのです。
それに気付いて、自分でも怖くなってしまいました。
その時一体私はどんな過程を経て、普通に生活出来る様になっていった
のでしょうか?


人間とペットと同列に考えてはいけないのかも知れません。
けれど、今の自分には今の状態から前向きに物事を考えて
行かなければ・・・という気持ちに変わりはないと思うのです。


それを嘘偽りなく記していくのは辛いかも知れないし、意外に文章に
してみる事で気分も楽になるかも知れません。
友達は気晴らしにネットしてみるのもいいかも知れんと言っていました。


こんなことを書いていても未だに感情に波があって、自分のしてきた事
を後悔したり、それじゃダメだ〜と考え直したりの繰り返しです。
まさに3歩進んで2歩下がるという感じでしょうか。

昨日辺りから仕事から帰って来た旦那の目の下の隈が無くなりました。
仕事中、車で一人になった時に泣いていたのかも知れません。
また夜も良く眠れないのかも知れません。彼は私に対してはあまり
そういった事は言わない様にしているみたいです。

今は遺骨を家に連れて帰ってきていますが、四十九日までにはどこか
環境の良い所に納骨してあげたいと思っています。
最初から私は土に返してあげるのがいい様な気がしていたので
それには不思議と抵抗はありません。

今日はお友達のブログを読み逃げしてきました。
まだコメント出来るほどの気力がないので読み逃げでごめんなさいです。
不思議とワンコを見ても悲しい気持ちにはなりませんでした。
みんな、元気に幸せに過ごして欲しいと思います。



〜ちゃそさん〜
素敵なサイトを紹介して下さってありがとう。
読んだ時は泣いてしまいましたが胸に染み入りました。

ケージはやっぱり早めに撤去する事にしました。今日、
るーしぇかどうかわかりませんが、ワンコがケージに粗相しまくって
片付ける夢を見たんです。このままじゃダメかな・・・って気が。

〜ビロンチャン〜
いつも励ましてくれてありがとうね。
ビロンチャンも今大変みたいなのに・・・。でもお母さんが退院出来そうで
安心しました。お母さんの生命力には感動しました。
早く元気で退院出来ます様に・・・・・!
トキちゃんの事も心配でしょうが、ビロンチャン自身も身体があんまり
強くないみたいだし、無理しないでね。

〜びっちゅママさん〜
いつもありがとう。
るーしぇが笑う様な表情をする様になってきたのは最近の事ですが
本当に幸せであってくれたのならいいなと思ってます。

〜Mさん〜
折角最近お知り合いになれたのにこんな事になってしまって・・・。
それでも心配して来て下さってありがとう。
どんなに気を付けているつもりでもそういうことは起こり得るんだと
いう事ですよね・・・。

〜まなのママさん〜
私もあれからどうやったら、るーしぇが安心して旅立てるのかとか
そういうことばかり考えてたり調べたりしていました。

ブログの記事も見せて頂きました。ありがとうございます。
私もこれもこの前の記事も書いては消し、また途中で物思いに耽ったりで
書き上げるまでに5時間も6時間もかかってしまいました。

〜若武者さん〜
ここをどうするかどうかはまだ決めかねていますが
このブログは私にとっては大事な物である事には変わりありません。
JIJIちゃんの会社に入れなくて本当に残念です。

〜ピーチマミーさん〜
るーしぇと私の事を一番最初から見守って下さってありがとう。
るーしぇがうちに来て最初、本当にどうしていいかわからなかった
私はピーチマミーさんに救われました。
「戒め」は「私は自分に対する罰」を自分で与えるという意味で
使ってしまいました。けれど今はもうそういう風に考えるのは止めました。
私も不思議とるーしぇはもっとPUREな場所に旅立っているかも
・・・という気がしています。仏教で言うと今はまだ仏様になる
手前の段階らしいです。私も難しくてよくわからないんですけどね。

【片付けられないケージの最新記事】
ニックネーム まりもん at 21:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 片付けられないケージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントは残していませんが、いつも来ています。
私はまりもんさんの希望通りリンクは外させて頂きました。
ブログからリンクを外してもPCのお気に入りに入っていますから…。
これからもお二人の希望に沿うようにしたいと思っています。
ブログの件ご気分を悪くされましたらごめんなさい。
いろいろお話したいのですが、こちらにコメントを残すのは控えたいと思います。
お察しください。
これからも見守っています(^-^
Posted by まなのママ at 2006年08月12日 23:53
抑えきれない感情や考え 沢山あると思います。とめどなくでも、ブログで書いてはきだしてみてもいいのではないでしょうか。ぶつかりどころのない気持ちが沢山あると思います。そんな感情をここでぶつけてみてもいいと思います。
ワンコだって家族です。人間と同じように考えてしまうのは当然だと思います。
Posted by MのMとG at 2006年08月13日 12:11
辛い時ゎ辛い、悲しい時ゎ悲しい、楽しい時ゎ楽しいし、嬉しい時ゎ嬉しい。
それを無理に我慢して抑え込まなくていいと思うの。
人間なんだもん、喜怒哀楽ゎあるわけだし感情があるんだもの。
泣きたい時ゎ泣こうね。
そしていつか、きっとるーちゃんを思い出し
その涙が笑い泣きに変わる事を願っています。
ビロンチャンも昔飼ってたマルチーズが亡くなった時、
やっぱり泣いて過ごしました。
暫くゎ思い出してゎ泣きの繰り返しだった・・・。
今ゎその子を思い出すと「悪さばっかしてたなぁ」とかって笑って思い出せる自分が居ます。

まだまだ時間ゎかかるでしょうが、きっと元気なまりもんさんになれる日をビロンチャンゎもちろん、こちらに来てる方々、そして誰よりもるーちゃんが待ってます!

いつまでも待ってるから、いつか元気になったまりもんさんの姿を見せてくださぃね!
Posted by ビロンチャン at 2006年08月14日 17:54
上のビロンチャンと同じく、ちゃそも昔飼ってたミニピンちゃんを亡くした時は、毎日泣いて過ごしていました。
亡くしたのは、日本ではなくフィリピンに住んでいた時で、英語もほとんど分からない中、病院につれていきました。
ハッピー(ミニピンの名前)は、10分おきぐらいにもどしてしまうぐらいの症状で。
フィリピンは日本のように、しっかりしていないので、治療中もダンボールの中でした。ちゃその顔が見えるたびに、起き上がる力もないはずなのに、一生懸命起き上がってこっちに来ようとしてたんです。
そんな姿を見ていられず、明日元気になって帰ってくるよね!なんて言いながら、家に帰りました。すごくすごく心配でした。
でも、まさか亡くなって帰ってくるなんて思っていなかったから…。

次の日、お昼頃に母が迎えに行きました。
ハッピーはもう亡くなっていたのです。
亡くなったのは、夜中。
なぜ亡くなったその時に電話をくれなかったのか!怒りの気持ちでいっぱいになりました。
家に帰ってきたハッピーにはゴミ袋が被されており、ひどい姿でした。
12時間もゴミ袋に入れて置いていたのかと思うと、ショックでなりませんでした。
ちゃんとお墓に入れてあげたかった。
けど、フィリピンにはそういうお墓なんてなかったんです。むこうでは犬を食べるぐらいだから…。
ただ、自分家だった庭に埋めただけで終わってしまいました。
何もかもてきとうで終わってしまった事。
最後まで見届けてあげられなかった事。
今でも、後悔しています。
3年たった今でも、後悔の気持ちは残ってます。忘れる事なんて一生ないと思います。
また早く逢いたいなんて思ってしまう時もあります。

ずーっと心の中で生きてくれているんだと信じて過ごすようにしています。
ちゃんとるーちゃんのお墓があるんですよね!
きっと、るーちゃんすごく喜んでますよ。
幸せだった。ではなく、今も幸せは続いているはずです。
沢山の思い出が残ってますもんね(^^)
Posted by ちゃそ at 2006年08月15日 09:48
〜まなのママさん〜
LINKの件、ありがとうございます。それに我侭言ってすみません。
ブログの記事は嬉しかったです。嬉しい・・・・というのは語弊があるかな?
説明しなくても分かって頂けると思います。
ここに書けなくて個人的に何かありましたら☆の部分を@に
換えて送って頂けると有難いです。いつも甘えてばかりですみません。
miffy78☆momo-mail.com

〜Mさん〜
毎日何か書こうかと思っていたんですが、やっぱりそういう風にも
なかなかなれませんでした。そうですね・・・ワンコも人間も家族で
あることに変わりないですよね。私の周りには犬の事で
そんな風になるなんて〜と言う人がいなかったので幸せかも知れません。

〜ビロンチャン〜
気持ち的には本当に色んな人に支えられて落ち着いてきました。
ありがたいと思っています。まだふっとした時に気が付くと
泣いたりしていますが、私は旦那よりは自分の感情を抑えていないので
楽なのかも知れませんね。いつまでも自分と一緒に暮らしたワンコの
事は忘れられないでしょうね。私も絶対忘れません。

〜ちゃそさん〜
ハッピーちゃんの事、辛かったでしょうね。病気で苦しむ仔の姿を
みなければならないのは本当に辛いことだと思います。
病気であれ、老衰であれ、事故であれ、動物の死は最後には絶対
立ち会わなければならない。辛いですが、そんな覚悟も必要だった
んですよね。まだまだ子供だったるーしぇに対してそんな
風に考えた事もありませんでした。

お国柄で色々考え方もやり方も違うのでしょうけれど、
どんな形であれ、飼い主には後悔が付いてくるのかも知れません。
でもハッピーちゃんもちゃんとわかってくれていると思います。
辛い事なのに書き込んで下さってありがとうございます。
Posted by まりもん@管理人 at 2006年08月15日 16:40
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/410897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック